FC2ブログ

2009-05-24

「 Ise Kadoya DAY 」

本日は伊勢角屋麦酒限定醸造ビール・フェアです。

090524isekado3.jpg
レアな3種類を用意しました。
左から、ブリティッシュ・ペールエール、アメリカン・アンバーエール、蓮台寺スパイス。

全て好評です。
お客さんの声をまとめると

ブリティッシュ・ペールエールは
『ケント・ゴールディング・ホップの香りが上品だ』
『モルトのフレーバーと風味からキャラメルのようなキャラクターを感じる』
『飲むとモルトの甘味を感じ、すぐに苦味が追っかけてくる。そのバランスが素晴らしい』
と絶賛されてます。
店主も『イギリス風のペールエールって、意外と日本では造られてないから嬉しい。シットリゆっくり飲みたいね』とニコニコです。

アメリカン・アンバーエールは
『華やかなホップのアロマが心地よく、花畑に迷い込んだよう』
『鮮烈な苦味はまさにアメリカン・アンバーエールのベスト・サンプル』
『苦味は強いがモルトが支えているので飲み飽きない』
とこれまた絶賛。
店主も『こーゆーのが典型的なアンバーエール。スタイル・ガイドラインのど真ん中。ホップの苦みと香りが強烈であってこそのアンバーエールだもんね』ってグラスから手が離れません。

蓮台寺スパイスは
『ホップとは違った苦味を感じるけど、これってなに? 柿の葉!?』
『モルト感があるので深い味わいを感じる。苦味とのバランスも良い』
『面白い! 柿の葉、スパイスが嫌味なく使われている』
とまたまた絶賛です。
店主も『斬新だ。奇をてらったり無理矢理って感はまるでない。ビールとして完成されたバランス。日本発新スタイルの予感?』と興奮気味です。


あっという間に全て売り切れで本日は早々と閉店。

本日のフード

090524ro-sutobi-fu.jpg
ローストビーフ? って言うか、オージービーフの赤身を焼いてスライスしただけです。リーズナブルな肉を、オーブンも使わず、ソテーパン1枚で仕上げた一品です。味は塩コショウと少々のハーブのみ。
上にのってるのはセロリの葉。
唯一、気を付けるのが「スライスするとき手を切らないように」ってことだけ。なるべく薄く切りたいので、ちょっと恐い。
イングリッシュ・ペールエールやアメリカン・アンバーエールにピッタリです。


go-yatyanpuru.jpg
車麩のゴーヤチャンプル。
蓮台寺スパイスの苦味と甘味になぜか不思議とゴーヤがヒット!
スポンサーサイト







Select Beer Bar ヒロユキ屋

店長:藤原ヒロユキ

■アクセス、MAP、営業時間■
住所・電話番号:お店の都合により非公開
営業時間:不定期
定休日:不定休
*美味しいビールが入荷したときにのみ開店。飲みきったら閉店。

モルトの奏でるかぐわしい香り、ホップが踊る心地よい香り、酵母が醸しだす魅惑的な香り。美味しいビールの香りを頼りにあの角を曲がりこの角を曲がり…。
気がつけばそこは『Select Beer Bar ヒロユキ屋』の扉の前です。
探して下さい。ビール好きのあなたならきっと見つけられるはずです。

■システム、ポリシー■
・支払いはキャッシュオン・デリバリー。(テーブルチャージやお通しはありません。)
・過度のサービスはしません。接客のプロじゃないんで。店主も飲みます。
 美味しいビールはみんなで飲まなきゃね。
・ビール以外のお酒はありません。
・ビールに合う料理しかありません。
・飲食物の持ち込みはお断りです。店主へのお土産は歓迎ですが。
・20歳未満の方は同伴者の有無にかかわらず一切入店できません。
・車、バイクでお越しの方にはビールを出しません。
・船でお越しの方は酔っぱらわない程度に飲んでください。
・店内は禁煙です。ビールは香りも楽しむものなので喫煙は外でお願いします。
・店外で飲むのは、他店の迷惑にならない範囲でアリです。
 店外で飲む場合はグラス持ち帰り防止のため”何か大切なもの”
 (片方の靴と言いたいところですが、それでは外で飲みづらいでしょうから)を
 預かります。
・ボトルや王冠が欲しい人は言って下さい。さしあげますから。
・当店はビールを楽しく美味しく飲むための店です。
 他のお客さんの迷惑となる行為(何が迷惑かのジャッジは店主がします)が有れば、
 退場です。そして出入り禁止です。


MENU